プリウスPHVの補機のバッテリー上がり対策【プリウスPHV50オーナーズ日記】

プリウスPHV52のエンジンルーム画像です装備・機能について

プリウスPHV50純正補機バッテリー画像
プリウスPHV50に乗っていて、バッテリーを上げてしまう事ってあるのでしょうか。
このページでは、プリウスPHV50系でのバッテリー上がりとその対処法について書いています。

プリウスPHVは普通の車と違って駆動用のバッテリーから充電できる可能性を示唆している美奈
美奈
普通の車と違って、駆動用バッテリーが充電されていれば意外と簡単に対処できるかも。

ディーラーとトヨタにプリウスPHV50のバッテリー上がりについて聞いてみた

ディーラーに聞いたら、なんとディーラーさん自身が試乗車のバッテリーを上げてしまった事があるとか・・乗る人がいなかったのかも(-_-;)

そんな事もあり、プリウスPHVを買った時にトヨタに電話して「車にしばらく乗らないのですが、補機のバッテリー上がりが心配です。どうすれば良いですか?」と聞いてみました。
お返事は「乗らない場合は、駆動用のバッテリーから電源を供給する方法があります。たまにスイッチをオンにして頂けると、駆動用バッテリーから補機バッテリーに充電されます」というお話でした。

もし、プリウスPHVに長期間乗らないで、バッテリーが心配な方はスイッチオンでの充電を試しても良いかも。
※後で述べますが、私自身は補機を上げかけた事があるので、この方法でバッテリーに充電した事があります。
スタートスイッチをオンにしているので、乗っていて運転できる状況でないといけません。運転席から離れると危険です。

万一プリウスPHVのバッテリーを上げてしまったら

プリウスPHV52付属ソフトポケットPHVのリモートエアコンのスイッチ画像
万一バッテリーを上げてしまった場合、駆動用バッテリーがフル充電されていてもプリウスPHVは動きません。
この場合、普通の車は救援車をもってくる、あるいはバッテリーを外して充電器で充電するなどの方法が考えられます。

この場合、システムを立ち上げるほど電圧が残っていなくても、よりわずかな電圧で作動するリモートエアコンを使えば、プリウスPHVは駆動用バッテリーから補機に充電する事が可能で、その後ハイブリッドシステムを作動させることが出来ます。
補機にバッテリーが若干残っていないとリモートエアコンが作動せず、ダメみたいではありますが。
プリウスPHV50リモートエアコン確認画面
先ほどの話からも分かるように、システム作動中は駆動用のバッテリーから補機に充電されるようなので、リモートで駆動用バッテリーを作動させて補機に充電する・・
これをやってみても良いかと。
バッテリーを上げると、自分の場合は結構重いバッテリーを家の中に入れて充電していましたし、電解液(希硫酸)の関係もあるので保護メガネとかを使っていたので、プリウスPHVになって、「万一の際でも安心感がある」というのが率直な感想です。

電圧が残っていれば、リモートエアコンを使い、駆動用バッテリーから充電が出来るかも

私自身はこの状況に陥った事が無いので実際に上げてしまって、この方法で対処した経験がありますが、状況によってはできるかどうかは分かりませんのでご参考までに。

プリウスPHVのバッテリーをあげてしまった時の体験談

先日、実際にバッテリーをあげかけてしまったので、その時の体験を書いておきます。

バッテリーを上げた時の状況

コロナの関係もあり、プリウスPHVに乗る機会がかなり減ってしまったので、バッテリーが上がってしまわないか気になっていました。
いつものように駆動用バッテリーにバッテリーチャージしようとプラグをつないで、深夜電力の時間帯に充電しようとしていたのですが、その際、補機用のバッテリーにも充電したくてプリウスPHVの電源を入れました。
すると、充電していないのにコードを繋いでスイッチをオンにしたのが良くなかったのか、バッテリーの電圧が下がり始めたのです。
普通ならば駆動用バッテリーから補機用バッテリーにチャージされるので不思議だったのですが、当初電圧が10Vあったものが10分ほどで8Vまで下がってしまいました。
この時点で、カーナビの画面は消え、「BSMは使えません」などの表示が出て「バッテリーに異常があります。車を安全な所に止めて取扱説明書を見て下さい」みたいな表示が出ました。
画像があると良かったのですが、慌てていて撮ることが出来ませんでした。

私が行ったバッテリーを上げてしまった後の対処

バッテリーが上がってしまった後、リモートエアコンで対処しようとしましたが、最後まで使いきってしまったバッテリーは使い物にならず、駆動用バッテリーには30キロくらいは走れるだけのバッテリーが残っているのに車を動かせないという状況になってしまいました。
この状況でイグニッションをオンにしても、バッテリーの残量が足りず、オンになりませんでした。
仕方がないので、少しでもバッテリーの電気が残っていればエアコンは回るだろうということで、10分ほど待ってからリモートエアコンを回したらリモートエアコンが作動。
その後、駆動用バッテリーに充電する際、マイルームモードにしてしばらく車内にいて駆動用バッテリーに充電しました。

個人的な体験では、電圧が少しでも残っていればリモートエアコンで補機への充電は可能。

純正バッテリーのインジケーター

プリウスPHV52純正補機バッテリーのインジケーター
私のプリウスPHV(2017年式)の補機のバッテリーのはインジケーターが付いています。
これで、液不足・要充電・良好な状態がそれぞれ分かるようになっています。
安いバッテリーはインジケーターが付いていなかったりするので、中古で買う際にはどんなバッテリーが付いているのかも確認した方が良いかもしれません。
ちなみに、画像の状態は窓の部分が緑色で、良好な状態を示しています。

プリウスPHV52のバッテリーは走っていても充電されない?

プリウスPHV52は充電制御されています。
私のプリウスにはレーダー探知機が付いていて、簡易的に電圧を計れるのですが、これで計ると走っていても14Vで供給される時間は意外と短いです。

プリウスPHVに取り付けているレーダー探知機の簡易電圧計の14Vの画像

最初は14Vで供給されていても、途中から12Vで供給されてしまい、充電不足気味になる感じです。
私の場合は最近乗る機会が減ってしまいましたから、走行中は常に充電してくれるくらいで丁度良いと思うのですが、それでも途中で12Vになってしまいます。
参照:パナソニック充電制御解説ページ

充電制御を回避する?

この部分は私の推測なのですが、充電制御を回避する方法としては、スイッチをオンにしてしばらくそのままにしておく事かもしれません。

車検でのエピソード

車検の時、整備士の方とお話しした際、バッテリーについて聞きましたが、およそ半分充電している状態でした。
「プリウスはよほど走っていないとこんなもんですよ」という事でしたので、私の推測が合っているのかもしれません。

走行用のバッテリーからチャージするメリット

プリウスPHV52は走行用のバッテリーからチャージするのですが、バッテリー容量が不安になったらバッテリーを外して対応してなくてもチャージは可能というのがメリットです。
しかも、深夜電力等で安い電気を充電して、それを補機に充電することができるので、作業としては楽かも。
個人的には完全に上げてしまわない限りバッテリーをイチイチ外して対応する必要が無いので、かなり楽です。

まとめ

プリウスPHVの場合は、長期間乗らない時の上がり対策としてスイッチオンでしばらくいると補機バッテリーにチャージされるようです。
プリウスPHVの場合、補機のバッテリーが上がっても、リモートでエアコンを使える分だけ補機に電圧があれば、状況によってはリモートエアコンを作動させることで対応することが可能かも。

※ここに書いてある内容は、プリウスPHVの年式、仕様等によって使えない可能性があり、オーナーの推測等も入っています。
それも含めてご参考にして頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました